本文へスキップ

奥能登の美味しいお米をあなたの食卓へ届けます


作物の特徴について

米や豆には様々な品種があり、それぞれの特徴があります。
すえひろで取り扱っている米や豆の特徴と米の炊き方にについてご紹介させて頂きます。


MENU (下記のメニューを選択して下さい)

米の特徴 豆の特徴 米の炊き方について


米の特徴

すえひろ舞(コシヒカリ)
もちもちした食感で、冷めてもおいしい。
北陸の風土に適しており、少ない肥料で獲れる品種です。すえひろではこの日本の生み出した傑作品種を、有機100%肥料のみを使い、食味のみを追求して育て、「すえひろ舞」と名付けて販売しております。化学肥料で無理に育てた稲ではなく、本来の稲の生理に逆らわず、奥能登の粘土質の水田の力にゆだねて育てた稲から獲れるコシヒカリですから、コシヒカリ本来の味を十分堪能していただけるものと思います。
すえひろ舞は2013年「OKOME BANZUKE 2013」上位8種類に推薦されました。



能登ひかり
石川県能登生まれの、能登の名を冠した品種。粒が大きく、おにぎりなどに適しています。稲はすこし神経質というか、環境に敏感で育てるのは少々難しいですが、さっぱりしていながら食べ応えのある食感が魅力の品種です。


ひとめぼれ
宮城県生まれの品種で、コシヒカリについで人気が高い良食味品種。癖がなく、上品で落ち着いた優等生といった感じです。


ゆめみずほ
これも石川県生まれの品種。コシヒカリのような旨みと食感で、かつ比較的お値段の安いのが魅力。稲はがっしりしていて頼もしく、秋の実りの喜びを感じさせてくれる品種です。


新大正もち
富山県生まれの品種でほかのもち米よりも粘り、コシが強く伸びも良いとされています。
栽培が難しくもち米の王様とも呼ばれています。煮崩れがなく汁物にも最適です。




先頭へ

有限会社すえひろ